top of page

2015に始まったアンカレットの古道具展。新年の恒例企画となりました。



主にフランス、ベルギーなので買い付けたテーブル、椅子、キャビネット、テーブルウェア、

箱、雑貨などがギャラリーいっぱいに並びます。


買い付けられた品々はアンカレットの職人たちの手仕事によって丁寧に修理され、美しく生まれ変わります。


お近くにお寄りの際は是非お立ち寄り下さい。



【 期間 】2023.1月7日(土) - 1月29日(日)10:00-17:00 LAST DAY-16:00 会期中水.木曜休み

【在廊日】 1月7日(土) .8日(日).29日(月) ​ ​【展示会場】 CAFE DU GRACE 921GALLERY 〒790-0816 岡山県赤磐市下市 92-1 Tel/086-955-4548 Close/Wednesday


東京のadvintegeが、11月12日、13日にヴィンテージウォッチの販売を行います。

広島では見ることのできない希少なヴィンテージウォッチの魅力を感じていただければと思います。


欧米では、服や道具、建物に至るまで、エイジング(経年による風合い)を魅力的なものと捉える感性が昔からあります。長年使い込まれたものは、元がどんなに平凡な物でも特別な味わいがある。そんな感覚です。


アンティークウォッチ、またはヴィンテージウォッチと呼ばれる、半世紀を優に越える長い時間を経た腕時計も、味わいに満ちた独特の造形美や正確に時を刻むメカニズムなど、その魅力は今なお色褪せることがありません。人が造り、時間が仕上げをする。それによって古い腕時計は特別な魅力を放ちます。


advintageのセレクトする腕時計は、それほど有名でないブランドや現在は存在していないメーカーの手掛けたものが多くを占めています。しかしそれらは有名ブランドに引けを取らない十分なポテンシャルと個性を秘め、何より美しい腕時計です。


今回のトランクショーでは、当店の主力アイテムである英国の時計メーカー〈スミス〉の腕時計をはじめ、アール・デコに彩られた1930年代〜40年代の腕時計、さらにフランスの名門ブランド〈リップ〉の貴重なコレクションもお持ちしたいと思います。


一本の希少性、唯一性だけでなく、そのデザインや雰囲気を現在形で味わいながら、今日はどんな洋服と合わせよう、という幸せな悩みを日々共有できる一本をご紹介できれば幸いです。




advintage Trunk show


11/12 (Sat) – 11/13 (Sun) 12:00–19:00


advintage




2022年10月1日(土)→10日(月)

12時→19時 (木曜日定休)

在廊日 10月1日 2日




bottom of page